今後の生活のためにマンションを売却、購入しよう。

マンション売却の際に必要な知識は専門家に聞こう

価格の傾向

マンションの売却の価格の傾向

マンションを持つという不動産投資があります。これは今に始まったことではありませんが、この投資が非常にさかんだった時期もありました。 マンションを売却するときは購入時よりも高値で売れることで収益を上げることができますが、バブル前はこれが十分に可能でした。少し無理をして大きな借金をしてまでも購入した人がいるほどです。 ですが、バブル後にはその方法が通用しなくなったのです。 バブル崩壊後から土地の値段が崩れ出し、首都圏ではバブルの絶頂期の3分の1になっています。1億円でマンションを購入した人は売却時には約6千万円も損しているという計算になるのです。 ただ、現在でも都心部の駅前などは相変わらず価格が上昇しているところもあります。

これまでの歴史の変遷について

このように一部の例外を除けばマンションの売却はよほど妥協をしない限り難しくなっているのが現状です。売却する時はあまり高値に設定せずに売却するほうがいいでしょう。また、それが嫌なら投資は慎重にせざるを得ないところです。少なくともこれからの動向を読む必要があります。 では、これからの動向を知るにあたり過去は一体どうだったのでしょうか。マンションの歴史について簡単に知っておきましょう。マンションがブームになったのは高度成長期の頃です。この頃は住宅やマンションを建築するのに十分な資材や人材がそろってきたことです。また、より広い住宅を求める人も多かった時代です。 それからバブルの時まで価格は上昇し続けました。これから土地の価格が上昇するのは人口が増えるか新たな魅力を作るかのどちらかではないかと予想できます。

Copyright© 2015 今後の生活のためにマンションを売却、購入しよう。 All Rights Reserved.